アイドルって素晴らしい 〜Idolife is beautiful〜

大好きなアイドルを日本中、世界中に広めたい。たまにラーメンと、他にも色々書くかもしれません。お昼休みの暇つぶしにどうぞ

乃木坂46「真夏の全国ツアー2017 FINAL!IN TOKYO DOME」特典映像"Making of Live in 東京ドーム"!!の予告映像が公開

 

いよいよ来週の7月11日(水)に発売する乃木坂46 LIVE Blu-ray&DVD「真夏の全国ツアー2017 FINAL!IN TOKYO DOME」の各完全生産限定盤に特典映像として収録される"Making of Live in 東京ドーム"の予告編が遂に公開スタートした。

youtu.be

 

グループ結成から約6年3ヶ月という期間で辿り着いた念願の東京ドーム単独公演。
このステージが最後となった伊藤万理華中元日芽香、そして今思えばグループの卒業を意識しながらステージに上がったであろう生駒里奈。色んな想いを抱えてステージに立った彼女たちの"裏側"はファン必見だ。

 

f:id:milkeyfantom:20180704130626p:plain

 

そんな東京ドーム公演だが、後日の雑誌やメディアのインタビューなどでは、あまり満足のいくモノではなかったとメンバー自身が語っている。5月に放送された秋元康のラジオに乃木坂メンバーがゲスト出演した際にも、キャプテンの桜井玲香らは次のように語っている。

 

桜井玲香「東京ドーム正直、あんまりうまいこといかなかったんですよね。自分たちの感覚的には。呑まれちゃってみんな地に足着いてない感じあるなと思って。そのまま何と無くとりあえず終わったっていう感覚があるのが悔しくて、だからドームクラスでも落ち着いてライブができるようになりたいと思います。」

 

秋元真夏「東京ドームにたてるっていうそこの嬉しさが一番先に来ちゃって、ファンの人を楽しませるよりもそこで舞い上がっちゃってる自分がいるなって」

youtu.be

(23:18~)

 

 

やはり初めての東京ドームということが彼女たちにとってとてつもなく大きなことだったのだろう。しかし、いまもっとも国民的アイドルに近いと言える彼女たちが、これからも坂を登り続けていく以上、初めてのことや、とてつもなく大きな舞台に立つことは増えていくだろう。その中でどれだけのものを残せるかが重要になってくる。そのためには、まずは目下のバースデーライブ。これもまた、初めての2会場同時ライブということで、初めての試みだ。この未知の挑戦において、一体どんなパフォーマンスを見せてくれるのか。東京ドームを超える興奮と感動が、すぐそこに迫っているのかもしれない。